美容室は何店舗も経営しないと儲からない?

美容室ってあまり儲からないってホント!?どんな工夫が必要なの? - 美容室は何店舗も経営しないと儲からない?

美容室は何店舗も経営しないと儲からない?

qwteara
自分だけの美容院を経営したい。多くの美容師の目標の一つですよね。従業員としては出来なかった自分の思い通りのサービスを提供して、お客さんに満足してもらいたい。そして収入も増やしたい!多くの美容師はこのような想いを抱いています。
しかし、独立を考える美容師によくある質問は美容室は何店舗も経営しないと儲からないのか?ということです。美容室経営を取り巻く環境とこの噂は本当なのか検証していきましょう。

厳しくなっている美容院経営

現在1年間の間に何店の美容院が新規開店しているか知っていますか?なんとその数は10,000店舗にもなります。今美容院の総数はコンビニよりも多いといわれています。これだけ聞いても競争がかなり激しいことが理解できますよね。
では1年間に閉店する店はどれくらいなのでしょうか。これはおおよそ8,000店舗といわれています。毎年多くの美容室が閉店し、新しい美容院が生まれているのが分かります。

技術差は実はそんなに無い

流行っている美容院は美容師の技術が非常に高いからというわけでは決してありません。やはり独自のサービスを持っていたり、お客さんの満足度を高める工夫をしている店が繁盛しています。

売り上げ目標は1ヶ月いくら?

もしあなたが美容院を経営するなら1ヶ月の売り上げ目標はいくらが妥当なのでしょうか。東京の池袋のように美容院激戦区の場所なら月商350万円が最低ラインです。その他の場所なら立地や規模にもよりますが最低でも200万円以上は確保したいです。個人店であればこれらの目標をクリアしていれば繁盛店といえるでしょう。しかしこの数字はほとんどの美容室で達成できていません。

複数店舗経営は儲かるって本当?

複数店舗を構えると聞くと初期費用がかかる、または人件費がかさむというデメリットがまずは思い浮かびますよね。しかし集客がしっかり出来てリピーターが増えれば自然にこのようなデメリットは解消することが出来ます。
メリットとしてすぐに思い浮かぶのは、ヘアカラー剤やその他の消耗品を大量発注できるから仕入れ値を下げられる。もちろんこのメリットも上げることが出来ますが、これは実はそこまで利益には影響しません。
最大のメリットは「人材管理」なのです。経営者でも店長でも従業員でもずっと同じ店舗で働いていると、どうしてもその場所のやり方に慣れてしまい、視野狭くなったり新しい発想が出来なくなります。
しかし複数店舗を経営することで店ごとの違いを知りそして各店舗での成功事例を蓄積することが出来ます。これは何にも変えがたい財産になります。場所が変われば客層も、スタッフも、流行も変わります。そして毎年店舗間で人事異動をすることでスタッフが絶えず学んでいくという環境を作ることが出来るのです。

店舗同士で助け合える

美容院は繁忙期と閑散期、そして曜日や時間帯によっても稼働率が大きく異なる職種ということが出来ます。もし1店舗だけの経営ならもしものときに備えて人材を常に確保しておく必要がありますが、他店舗経営の場合は暇な店から忙しい店へヘルプを出すケータリングとも出来ます。もちろんリピーターのお客さんの予約管理は必須ですが、新規のお客さんの場合は誰が担当しても問題はありません。
美容室を経営していくうえで一番大事な人材育成と管理の面において、複数店舗経営はかなりのメリットがあったのです。これはコスト削減よりも将来の店の繁栄の為に欠かせないことです。